お問い合わせ
03-5979-2701
PowerGres

リリースノート

PowerGres 1.5 から 1.6 への変更点:

  1. ベースとなる PostgreSQL のバージョンが、7.3.10 から 7.3.12 に なりました。
  2. クライアントがサーバに接続した際に、場合によって "could not rename relation-cache initialization file (中略) File exists" という警告 ログが出てしまう問題を修正しました。
  3. SQL の実行処理において、時として空の bytea 型データ同士の大小比較、  一致比較の結果がおかしくなる不具合を修正しました。
  4. Common SQL Environment を用いて、サーバに接続してすぐ切断すると いう手順を繰り返すと、サーバが異常終了してしまう不具合を修正 しました。