お問い合わせ
03-5979-2701
PowerGres

リリースノート

PowerGres 1.0 から 1.0.1 への変更点:

  1. 評価版の試用期間が 30日から 60日になりました。
  2. shared_buffers をデフォルト値の 64 以外に設定すると、postmaster 停止時にデータベースが壊れる不具合を修正しました。
  3. Windows 終了時に、サービスプログラム (pgservice) が postmaster を 正常に終了させない不具合を修正しました。
  4. PL/pgSQL を使用すると、postmaster のメモリ使用量が異常に増え続ける 不具合を修正しました。
  5. サーバマネージャでバックアップを取る際に、ダンプデータ形式の指定を 「インサート形式で作成する」にすると、「スキーマ定義のみ出力」に なってしまう不具合を修正しました。
  6. サーバマネージャでデータベースクラスタを初期化する際に、既に 存在するディレクトリを指定できない点を改善しました。
  7. サーバマネージャでスキーマを作成/削除/修正する際に、ホスト名や ポート番号を入力するウィンドウでタブを押したときのカーソルの 移動順序がおかしかった点を修正しました。
  8. libpq 関連のヘッダファイルを収録していなかったので、収録するように しました。