お問い合わせ
03-5979-2701
PowerGres


PowerGres Plus 1.1 リリースノート
なお、PowerGres Plus 1.1 には PowerGres Plus 1.0 集約パッチによる修正がすべて含まれています。
以下の OS に新たに対応しました。
  • Turbolinux Enterprise Server 8 powered by UnitedLinux
  • Red Hat Enterprise Linux AS (V. 3)
  • Red Hat Enterprise Linux ES (V. 3)
バックアップディレクトリ配下が破壊されている場合に、PostgreSQL Plus Administrator でのアーカイブファイルの再作成ができない場合がある。
2 個以上の表を結合する SQL を実行すると、データベースサーバとの接続が強制的に切断される場合がある。
大文字を含むユーザ名を使用して PostgreSQL Plus Setup を起動すると、インスタンス管理者のパスワードが正しく設定されない。
JDBC インタフェースで Connection Pooling 機能を使用している場合に、メッセージ "WARNING: ROLLBACK:no transaction in progress" がシスログに大量に出力される場合がある。
複数のアプリケーションを同時に実行すると、データベースサーバが無応答になる場合がある。
一意性制約が設定されている列を含む表への更新系トランザクションを3多重以上で実行し、その内の 2 個以上が RollBack すると、一意性制約違反を正しく検出できない場合がある。
複数のアプリケーションを同時に実行すると、データベースサーバがダウンする場合がある。
データベーススペースが削除されている状態でインスタンスを起動すると、起動に失敗するがエラーメッセージを出力していないため、原因が分からない。
テーブルまたはインデックスの領域サイズが大きい場合に、SQL のレスポンスタイムが劣化する場合がある。
更新系の SQL 文を実行すると、データベースサーバがダウンするか、データベースにアクセスできなくなる場合がある。
seqscan (table の全件スキャン) を行った場合に、データベースサーバがダウンする場合がある。
利用可能なメモリが不足している状態で高速 copy 機能を実行した場合データベースサーバがダウンする場合がある。
PowerGres Plus をインストール後、マシンを再起動しない状態で PostgreSQL Plus Administorator の「データベースのバックアップ」画面でバックアップを実行すると、バックアップに失敗する場合がある。
CREATE INDEX、REINDEX および COPY コマンド (SET コマンドに ENABLE_DIRECT_COPY パラメタを指定) を実行中に、インスタンスの格納域の領域が不足すると、データベースサーバがダウンする場合がある。
PostgreSQL Plus Setup の「同時にインスタンスに接続できるアプリケーションの最大数」に設定した値に近い数のアプリケーションを実行し、データベースサーバへの接続と切断を繰り返すと、データベースサーバがダウンする場合がある。
アプリケーションからデータの追加および更新を行っている時にデータベーススペースの容量が不足すると、データベースサーバがダウンする場合がある。
CREATE INDEX、REINDEX および COPY コマンド (SET コマンドに ENABLE_DIRECT_COPY パラメタを指定) を実行中に、ctl-c による中断を行うと、処理が中断されず無応答になる場合がある。
アプリケーションを実行した場合に、トランザクション数が多い場合や処理対象の表の項目数が多いとデータベースサーバがダウンする場合がある。
PostgreSQL Plus Administrator の「データベースのバックアップ」画面で、バックアップが失敗したことが分かりずらいので、"バックアップ失敗しました。〜〜〜" を赤字で表示するようにする。
PostgreSQL Plus Administrator の「データベースの詳細設定」の「SQL オプション」のオートコミットの有無にチェックが入っていない場合に、PostgreSQL Plus Administrator の「データベース操作」で SQL 文を実行すると、SQL 文の実行が無効になる (COMMIT されない)。
pgx_rcvall コマンドを実行中にメモリ不足が発生すると、pgx_rcvall コマンドが異常終了する場合がある。
pgx_rcvall コマンドを実行すると、実行前には認証されていたユーザが認証に失敗する場合がある。
アップグレード対象
PowerGres Plus 1.0 をご購入の方全てが無償でアップグレードが可能です。
アップグレードパッケージ入手方法
サポートサービスをご契約のお客様に V1.1 CD-ROM を 3 月より随時発送致します。