お問い合わせ
03-5979-2701
PowerGres

PowerGres on Windows 9.0、PowerGres on Linux 9.0 の障害事項


概要

PowerGres 9.0 Update 1 製品に、初期設定では WALファイル(トランザクションログ)が増え続けてしまう障害がございます。設定ファイルの修正にて回避することができます。

該当バージョン

以下のバージョンが該当します。

本障害はバージョン 9.0 Update 2 以降で修正されています。

障害内容

初期設定の設定ファイル内容が適切ではありませんでした。

初期状態でアーカイブログを取得する設定になっている一方で、アーカイブログを取得するコマンドが未定義の状態となっていました。 そのため、WALファイルをアーカイブログとして保存することに失敗し、WALファイルが削除されないまま保持され続けてしまいます。これはディスク領域の圧迫を招きます。

オンラインバックアップ(PITR) の設定をしている場合や、レプリケーションを構築(ホットスタンバイを構築)している場合には、当該箇所は改めて設定されることになるため問題は発生しません。

対処方法

「postgresql.conf.sample」ファイルの修正で対応することができます。 Windows であれば「《インストール先ディレクトリ》\share\postgresql.conf.sample」にあります。典型的には「C:\Program Files\PowerGres90\share\postgresql.conf.sample」といったパスになります。Linux であれば「/opt/powergres90/share/postgresql.conf.sample」にあるファイルとなります。

181行目の以下の箇所を修正します。修正済み代替ファイルを用意いたしますので、これで置き換えしてください。

archive_mode = on		# allows archiving to be done
 ↓
archive_mode = off		# allows archiving to be done
修正済みファイル:postgresql.conf.sample

ファイルを置き換えする際には管理者権限が必要となります。

既に登録済みのサーバに対する修正

既に登録済み(作成済み)のサーバに対しては、データディレクトリ下の「postgresql.conf」ファイルの「archive_mode = on」の項を、同じように「off」に修正してください。

PowerGres Manager から修正する場合には、「オンラインバックアップ」を選択し、「全般」タブページで「アーカイブモードを有効にする」をチェックして、格納ディレクトリを仮に(例えば /tmp や C:\tmp )設定して「適用」ボタンを押します。その後、「アーカイブモードを有効にする」のチェックを外して、再び「適用」ボタンを押してください。これで archive_mode = off の状態となります。

稼働中の PowerGres に設定変更を反映させるには、PowerGres の再起動が必要となります。

WALファイルが既に大量にある場合(判別と対処)

WALファイルはデータディレクトリ下の pg_xlog ディレクトリの下に作られる「00000001000000000000001D」であるとか「000000010000000000000021」といったようなファイル群です。本障害に該当している場合、これらファイルが増加していきます。また、ログファイルに次のようなメッセージが繰り返し出力されます。

WARNING:  archive_mode enabled, yet archive_command is not set

本ページの対処をした後でも、既に生成された大量の WALファイルは自動的には消えません。手動でファイル削除を行ってください。このとき、すべての WALファイルを削除してしまうと動作がおかしくなってしまいます。

削除してよいファイルを判別するには pg_xlog の下の archive_status ディレクトリを確認します。ここに「000000010000000000000028.ready」というファイルがあれば「000000010000000000000028」という WALファイルは削除して良いということを表しています。また「000000010000000000000028.ready」ファイルも削除してよいです。したがいまして、対応する「〜.ready」ファイルの無い数個の WALファイルを残して、それ以外の WALファイルを全て削除するという対応になります。


本障害の修正について

本障害を修正した、PowerGresマイナーバージョンアップを 2011年6月中にリリースする予定です。なお、本障害は設定ファイルの誤りによるものであるため、本ページ記載の手順で設定や設定ファイルを修正する対処と、次のマイナーバージョンアップを適用する対処では、本質的に違いはございません。

本障害を修正したバージョン 9.0 Update 2 を 2011 年 6 月 17 日にリリースしました。 バージョン 9.0 または 9.0 Update 1 をお使いの方は 9.0 Update 2 に無償でアップグレードできます。 バージョン 9.0 Update 2 は パッチ情報のページ からダウンロードできます。

「on Windows V9.0 Update 3 初期ダウンロード版」について

2011/11/18 にリリースした PowerGres on Windows V9.0 Update 3 ですが、ダウンロードページよりご提供していたパッケージに、初期状態で archive_mode が有効となる問題がございました。2012/1/25 以前に当該製品をダウンロードしてご利用されているお客様は、当ページ記載の障害事項が該当しますので、まことに恐れ入りますが、以下の点をご確認ください。

2012/1/25 以前のパッケージかどうか不明の場合は、以下の点をご確認ください。


2012/1/26 更新(「on Windows V9.0 Update 3 初期ダウンロード版」について追記)
2011/6/17 更新
2011/5/30 公開